タラタラしてんじゃねえよ

悩み多き美大生の随筆に近いブログ

荒波

人生は荒波だとか海だとか、 そう言い表した人ってすごいね 言葉のチョイス無意識なのかな 荒波が環境だとしたら、 その船を舵取りするのが自分の役目で 誰しもそうであると考える。 船と船がぶつかって沈んじゃったりね そういうイメージも人間に当てはまる…

ウェルカムようこそ

もう自分で自分を苦しめるのは辞めようと。 環境ではなく自らを苦しめて飛躍的に良くなっことなどなかった すごく悲しく、愚かで、虚しい行動。 これからは諦める・認める・受け入れる この三銃士とともに生きていこうと考えてみる。 もともと発達障害レベル…

高校

以前、卒業というタイトルで高校のことを少し書きましたが、 奇しくもその母校に行く機会ができました。 高校時代のいつもの2人と恩師に会いに行くことに。 電車に乗り、バス、高校前のバス停で止まってラッキー 高校時代からこの流れ変わってません 3年間も…

盗む

実力のなさの実感 学校に入ってからそれが鋭く現れる。 ただでさえ人を惹きつける才がない自分に残るものは何だろうか。 みんなすごい。 いや、そんなすごい人が沢山集まる場所に入った理由は、その人たちからすごさを学ぶためだ。 素直に負けを認めよう。 …

卒業

学校のおわりは卒業式ということになっている。しかし、それで本当に卒業した人が何人いるでしょうか?本当の卒業とは、「学校時代の私は頭がヘンだったんだ」と気がつくことです。 三島由紀夫Mishima Yukio 幼稚園、小学校、中学校、高校の中で私が一番たの…

変化

人間は変化を嫌う と誰かが言っていた。 正確には、 人間は変化を求めるが、元に戻る力の方が強く、変化をめんどくさがる。 現状や環境への不満から変化を求めるが、 なかなか抜け出せない。 頭ではわかっていても、身体が追いつかない、動かない、めんどく…

仕事と作品

昨日、 学科の卒業生の映画を手伝いにいった。 集合場所は駒沢大学駅周辺の高所得な住宅街の一角にあるアパート。 スタッフ5人ぐらいで借りた一冊なんだろうなと、その中で浮かないか使えなくならないか不安と緊張を押し殺しながら向かった。 監督と合流して…

理想

ありのままの自分と 理想の自分 この二つのバランスが良いとき 人は人間らしく生きられると思う。 ありのままの自分って正直、 欠点だらけで不満や居心地の悪さの原因になりうる。 正直すぎてもだめなのだ、どういう人と接しやすくするか、軸を変えていくこ…

思考と実感とコントロール

頭で考えること、 感じること、 どれも同じ一人の人間が脳という機関で行なっている現象だ。 でもこの二つの行いは全くの別物だと思う。 自分を自分で至らしめているもの、思想 人はこの思想を変えることができ、思想が変わることで日々の"思考"を築いていく…

よくわからない

学生生活3年目にして、 決して順調ではないことをここに記します。 わたしはいま、自分のセンスの無さに絶望しています。 つまるところ何がかっこいいのか、魅力なのか、ダサいのか、できるのか、すごいのか、何なのかわからない。 自分には何ができて、何が…

じっくりことことと

はじめまして、 はてなブログはじめてみます。 もしかしたら続かないかもしれない というのも、 ブログ開設はないはじめてじゃなくて 中学生の頃に少しやっていました。 実に勢いと素直さに満ちた文脈で その当時大好きだったラジオやつまらない日常を大げさ…