タラタラしてんじゃねえよ

悩み多き美大生の随筆に近いブログ

盗む

 

実力のなさの実感

 

学校に入ってからそれが鋭く現れる。

 

 

ただでさえ人を惹きつける才がない自分に残るものは何だろうか。

 

 

 

みんなすごい。

 

 

いや、そんなすごい人が沢山集まる場所に入った理由は、その人たちからすごさを学ぶためだ。

 

 

素直に負けを認めよう。

 

認めた上でのあがき。

 

 

人間なんて生まれたときからもう人生なんて決まっているようなもんだ。

 

それにあがいて何かが180°変わることはない。

負け戦。

 

だが、それでもなおあがいていたい。

 

自分が自分で楽しいと思える場所へ、

理想の場所へたどり着きたい。

 

 

インターネットがある、

頭がある、

時間がある、

 

自分を上の域まで高めたい。

 

 

いろんな人からいろんなものを盗め